読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドチョコレートのミュージックラボ

音楽理論に踊らされるコード楽器屋さん。Jazzかるた&リズム研究。

キ〜ンコ〜ンカ〜ンコ〜ン♪イントロでおなじみの『If I were a Bell』Jazzかるた

Jazzかるた

f:id:soundchocolate:20170124185128j:plain

 

学校のチャイム音のようなイントロが有名なこの曲。

定番のイントロをやっていればヤケドをすることはありません。

でも、とっさに出て来ない時があるんです。あのキンコンカンが!

 

そんな時、私のワンパターンイントロ「1−6−2−5」の出番です。

 

keyはF。

6はアレで2はアレで…なんて頭の中で鍵盤を描いて計算です。

これが自然にできたらどんなに素敵だろうなと思います。

 

よしっ。イントロスタート。

♪〜F /Dm7 /Gm7 /C7…あっ!

 

あぁ〜っ!

テーマは Ⅱ7(G7)始まりじゃないですか!!!

 

そうなんです。

この曲は Ⅰ(F)で始まるのではないんですね〜。

 

 

それでも元気よく歌い始めたボーカルさんにひたすら頭を下げる瞬間です。

 

 

対処法:

イントロ最後をⅤ7にしちゃっても1拍目で気付けばまだ生還のチャンスはあります!
そこから2拍目に向けて強引にⅡ7に持っていきましょうよ。

Ⅴ7(C7)を弾きながら「あッ!(やばっ)」と声を出して

Ⅱ7(D7)を弾きながら「あーん(どや)」と言っちゃいましょう。

演奏しながらつい声が漏れちゃうなんて、まるで一流JazzManみたいじゃないですか♪

 

 

格言:
♪Bellはイントロへの警鐘〜♪

 

 

サウンドチョコレートは、関東を中心にプロ、アマチュア問わず、多くの人たちに楽しんでいただけるような素敵な企画をご提供いたしております。
本格的なステージから、お誕生会や結婚式、歓送迎会などの社内イベントなど、ご予算や規模に合わせてプランニングいたしますので、お気軽にご相談下さい。

ホームページはこちら
http://soundchocolate.co.jp/

サウンドチョコレートFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/playsoundchocolate/

お問い合わせ、お仕事のご依頼はこちらのフォームをご利用ください。
http://soundchocolate.co.jp/contact/


イベント会場やステージでみな様とお会いできる日を楽しみにしております。

 

 

サウンドチョコレートは音楽イベントの企画、演奏、ヴォイストレーニング、ステージマナーなど、あなたに音楽をお届けします。